FSSC2200

三和食品株式会社では、2003年にISOの導入を行い2006年には食の安全確保のためISO22000:2005(食品安全マネジメントシステム)を取得致しました。
その後もISO22000の主旨の通り、従業員全員が強い意識を持ち継続的改善を実現し続け、食品安全のために最善を尽くしております。
また、2017年3月にはFSSC22000認証取得しました。毎週SSOP活動に取り組んでいます。

ISO22000適用範囲
(わさび製品、しょうが製品、にんにく製品、大根おろし製品及びとろろ製品の調整準備、加工、包装)

FSSC2200:認証

ISO22000とはフードチェーン(食品の生産から消費者に届くまでの全ての段階)全体における食の安全を守るための仕組みとして、FSSCとはISO9001とHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)の二つの概念を融合して開発された規格です。

次の4つ要素を組み合わせて、FSMSに対する要求事項を示しています。

  1. 相互コミュニケーション(互いに連絡を取り進めること)
  2. システムマネジメント(仕組みで保証すること)
  3. 前提条件プログラム(安全衛生条件を維持するために必要な基本条件そして活動すること)
  4. HACCP(7原則12手順により食の安全を確保すること)

当社は、わさび、生姜、にんにく、大根、とろろ製品を認証適用範囲としています。