会社案内

会社概要

商 号 三和食品株式会社
所 在 地 〒373-0012
群馬県太田市清原町1番地7
電 話 番 号 0276-37-8055(代表)
F A X 0276-37-8053
創 業 1955年8月20日
設 立 1974年5月1日
資 本 金 4000万円
代 表 者 代表取締役社長 石川 徹也
事 業 内 容 香辛料・調味料・その他食料品の製造、加工、及び販売前号に附帯する一切の事業
営 業 許 可 ソース類製造業
惣菜製造業
食品の冷凍及び冷蔵業
自己が輸入した果実酒
リキュールの卸売業及び酒類小売業免許
食品製造業(つけ物)
取 引 銀 行 足利銀行 太田支店
中小企業金融公庫 大宮支店
伊勢崎太田信用金庫 太田営業部
三井住友銀行 太田支店
群馬銀行 太田支店

工場 Photo

本社 2号館

出荷バース

本社 1号館

社是

品質と誠意

1.品質

最高級の品質を目指し、品質の3要素である製品の品質「Quality」、原価「Cost」、納期「Delivery」をそれぞれの視点から追求します。

2.誠意

当社を支えるお客様及び従事員及び当社の取り扱うすべての製品及び商品に誠意を尽くします。

企業理念

  1. 食の安全・安心を担保する食品メーカーとして、常に一歩先の視点で、おいしさを創造し、安全・安心の食材を提供いたします。
  2. 自然からの恵みや素材が永遠に受けられ、いつまでも存続できるように、地球環境保護活動を行います。

経営理念

  1. 夢と希望に向かって、チャレンジ精神を絶えず持ち続けます。
  2. 他への思いやりの心を持ち、「人財」の育成が図られるよう努めます。
  3. 情報コミュニケーションを大切にし、共感的理解を得られるように努めます。
  4. 常に現場主義を念頭に置き、継続的改善を実行します。
  5. 本質を見極め、多くの切り口を模索し柔軟性を持って考慮します。

工場目標

10S活動

整理・整頓・清掃・清潔・習慣づけ
洗浄・殺菌・スピード・精度・修繕修理

「三和」のロゴマークの意味

小輪は、自然の恵みから旨味のある香辛料・調味料や惣菜を創ることを表しています。
中輪は、FSSC2200(食品安全マネジメントシステム)により品質重視の製品をつくることを表しています。
大輪は、誠意と最高のアフターサービスでお客様の信頼を得ることを表しています。

当社の製品群

  • 国産カット野菜・野菜加工品
  • 国産カット青ねぎ
  • おろし生わさび・おろし生しょうが・おろし生にんにく
  • 大根おろし・ブレンド大根おろし
  • とろろ・ブレンドとろろ
  • ゆずこしょう・赤柚子こしょう
  • 各種たれ
  • 各種ドレッシング・糖類ZEROドレッシング
  • 生春巻き・トルティーヤ・キットサラダ

製造可能な製品規格

  • 小袋製品(1g~60g)
  • 小売チューブ製品(25g、40g、100g、110g)
  • 小売ボトル製品(80ml~1.8L程度)
  • 業務用チューブ製品(100g~1kg)
  • 加熱・冷却処理工程製品(10g~60g)
  • 業務用製品(1kg~10kg)

当社の製品設計開発

創作調味「オンリーワン」を創ります。

今日の時代が求めている多種多様でオリジナリティのある製品。
それは、『オンリーワン』製品の大切さを意味しています。

三和食品株式会社では、時代を視て常に一歩先の食文化を見つめ、『オンリーワン』製品を創ることを心がけております。

当社では、「自然の素材を生かし、おいしさを追求する」とのコンセプトのもと、小さくともキラリと光る香辛料・調味料づくりをするため、たゆまぬ研究活動に邁進しております。

また、共同開発の推進をしています。共同開発の鍵となる補完性(Complementarity)、適合性(Compatibility)、コミットメント(Commitment)の3Cに留意し、垂直的共同開発、水平的協同開発を行います。

産学連携に配慮しながら、お客様のニーズに合った製品をSpeedyに提案して行きます。

“SPEED & CHALLENGE”が行動目標です。

三和食品株式会社の国産野菜加工の役割